敏感肌のファンデーション選択方法

 

敏感肌の人は、ファンデーションが原因で肌荒れを起こすこともあるので、お肌に合った物を選ぶことが重要です。
自分の肌にあった、肌を保護してくれるものを選べば、メイクを楽しむことだってできますよ。

 

敏感肌だからといって、何もつけないのはよくありません。
紫外線や花粉、空気の乾燥を直接肌にさらすことになるので、肌荒れの原因となります。

 

では、敏感肌の人は、どのようなファンデーションを選べばよいのでしょうか。
ファンデーションには、ミネラルファンデーション、パウダー、リキッド、クリームなどがあります。

 

これらは、水分や油分の違いで肌への密着力、カバー力が変わってきます。
リキッドとクリームファンデーションは、油分が多く含まれているため、同時に防腐剤などの添加物も多く入っています。

 

そのため、カバー力が高く、肌の欠点を隠してくれる、落ちにくいというメリットもあります。
しかし、敏感肌の人にとって、落ちにくいということは、洗浄力の強いメイク落としを使わなければならず、肌への負担が大きくなります。

 

敏感肌のファンデーションは肌への負担が軽いミネラルファンデーション、パウダーファンデーションがおすすめです。
ミネラルファンデーションを選ぶ時は、油分が入っておらず、ミネラル成分のみでできている物を選ぶとよいでしょう。

 

石鹸で落とすことができるものもあるので、肌への負担が減ります。
ただし、カバー力は低いのが欠点です。

 

パウダーファンデーションは、ミネラルファンデーションよりもカバー力が高いので、きちんとメイクをしたい時におすすめです。
紫外線防止効果は、リキッドファンデーションよりもパウダーファンデーションのほうが高いです。

 

パウダータイプは、粉がふいて乾燥しそうと心配な方は、スキンケアを丁寧に行い、お肌に潤いを与えておきましょう。
また、ファンデーションを塗る際のスポンジやチークブラシなどのメイク道具は清潔に保つようにしておくことが大切です。